運営会社

経営理念

私たちは「預けてよかった」と
実感していただけるよう、
最大限「力」を尽くします。

  • 優しい笑顔

    職員一人ひとりが愛情に満ち溢れ、子どもと信頼関係を築き、子どもの情緒の安定を図ります。

  • 温かい心の
    こもった保育

    安心できる居心地のよい環境で、
    我が子を育てる気持ちで保育します。

  • 子育て支援を
    通して社会貢献

    地域と共に歩み、地域の福祉を担います。地域に必要とされる保育園を目指します。

行動指針

  • 子どもたちに
    とって
    安心
    ・安全な施設
  • 保護者に
    選ばれる施設
  • 保護者に預けて
    よかったと
    感謝される施設
  • 職員にとって
    働きやすい職場

保育士が安心して
勤務できる職場環境こそが、

子どもたちの成長と保護者からの
信頼につながる。

親学

株式会社Bearsは名古屋市教育委員会の「親学推進協力企業」です。
親学とは「子どもにとって親とはどうあるべきかを考え、子どもとともに成長する楽しさなどについて学ぼう」というものです。
詳しくは名古屋市のウェブサイト 親学ノススメをご覧ください。

名古屋市ホームページ|親学ノススメ

ワーク・ライフ・バランスの実現を目指して

株式会社Bearsは、政府が策定した「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」および「仕事と生活の調和推進のための行動指針」にのっとり、ワーク・ライフ・バランスを推進することを宣言します!
  • スタッフの全員の健康と生活に配慮するとともに、多様な働き方を推進します。
  • 年次有給休暇の取得促進、残業の抑制を目指します。
  • 健康で豊かな生活のための時間を確保し、だれもが自ら意欲と能力を持って様々な働き方や生き方に挑戦できる機会を提供し、子育てや介護が必要な時期など個人の置かれた状況に応じて多様な働き方が選択できるような職場を目指します。
詳しくは、「仕事と生活の調和」推進サイトをご覧ください。

「仕事と生活の調和」推進サイト

SDGsへの取り組み

株式会社Bears、マミーベアは、優しい笑顔と温かい心のこもった保育、子育て支援を通して社会貢献という理念のもと、乳幼児の健やかな成長を願い「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献します。

1

貧困をなくそう

2

飢餓をゼロに

3

すべての人に健康と福祉を

  • 自園での野菜作り(苗植え・収穫)や食事作り、その準備をとおし、食物への関心と感謝をもてるようにしています。季節感や特別感をもてるようにし、「食べたいもの、好きなもの」が増える工夫をしています。
  • 親学推進協力企業として、保護者様がお子様との健やかな関係を育めるよう、援助しています。

4

質の高い教育をみんなに

  • いろいろな体験・経験をとおして、子どもの成長に尽力します。絵本選びも次世代を担う子どもたちが環境問題を身近にとらえられるようなものを取り入れています。
  • 愛知中小企業同友会主催の「こどもお仕事体験」に参加し、小学生のお子さんの職業体験 (「保育士」)の機会を設けています。

5

ジェンダー平等を実現しよう

  • ジェンダーフリーの観点から、例えば、色や衣装、役割などの選択時に「男の子用」「女の子用」といった決めつけをしない。
    また日ごろから「男の子だから」「女の子だから」といったはたらきかけをしない保育をしています。

    ※ジェンダーフリー:「男」「女」という生物的な性の違いに関して、「男の子らしさ」「女の子らしさ」といったような決まった見方をしないようにすることを指します。

8

働きがいも経済成長も

  • 園児・保護者さまに関わる従業員にとって、夢をもって働ける職場環境を整備しています。資格をもたない人も資格取得支援休暇制度を設けています。

11

住み続けられるまちづくりを

  • 乳幼児を連れた方が外出中に誰でも無料で授乳やおむつ替えができるような社会を目指し、当園は「赤ちゃんの駅」に認定されています。赤ちゃんと一緒に安心して外出したい方たちを応援しています。
  • 当園は「地域防災協力」にも取り組み、「防災安心まちづくり運動」の一環として、地域への支援協力を行い、地震や台風などの大規模災害時にAED等の提供を行うなど、保育園で出来る範囲での協力をしています。

14

海の豊かさを守ろう

  • 「世界の子どもたちにワクチンを 日本委員会」の活動に賛同して、ペットボトルキャップを集めています。ペットボトルのリサイクルを進めることで海洋の自然を守っていきます。
  • なお、集められたペットボトルキャップは回収業者に買い取られ、その一部が寄付されます。

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
SDGs(エスディージーズ)について詳しくはこちら

厚生労働省|SDGsとは?

要望・相談・苦情等の受付について

当園では保護者からの要望や相談、苦情の受付窓口を設置しています。
今年度の申し立てはありませんでした。(2020年3月末現在)

会社概要

社名 株式会社Bears(ベアーズ)
代表者 代表取締役 山﨑 光代
従業員数 63名(社員21名・パート42名)
※2022年4月1日現在
住所 名古屋市天白区道明町22番地 アリカンテ八事1F
電話・FAX 052-832-1222
顧問弁護士 水野 憲幸
(愛知総合法律事務所)
顧問税理士 山田 一雄
(公認会計士・税理士 山田一雄事務所)
顧問社会保険労務士 小嶋 智子
(小嶋社会保険労務士事務所)
園医(小児科・内科)
園医(歯科)
青木内科
副院長 石澤 芳子
わくら歯科クリニック
院長 藤井 和夫
園医(歯科) わくら歯科クリニック
院長 藤井 和夫

認定・宣言など

令和4年2月7日
名古屋市より「子育て支援企業」に認定されました
子育て支援企業とは、子育てにやさしい企業活動について、一定の得点を得た企業を認定する制度です。
令和3年10月29日
健康宣言チャレンジ事業所に認定されました
令和3年10月5日
女性の活躍促進宣言を致しました
令和3年8月4日
名古屋市SDGs会員に認められました
株式会社Bears、マミーベアは、優しい笑顔と温かい心のこもった保育、子育て支援を通して社会貢献という理念のもと、乳幼児の健やかな成長を願い「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献します。
令和3年1月20日
SDGsへの取り組みの一環として、私募債発行に際し、その手数料の一部を寄贈させていただきました
株式会社Bearsは、SDGsへの取り組みの一環として、私募債発行に際し、その手数料の一部を地元教育機関の東海学園高等学校様に令和3年1月20日寄贈させていただきました。
※SDGs取り組み「4(質の高い教育をみんなに)」